読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスクを少なくお金を増やす! FXや株など簡単にお金を増やすぞ!

FXとか IPOとか株とか初心者でもお得におこづかいを増やす方法などを紹介していきます。FXネタが多いかも。

ヘリマネはあるのか? 狭義のヘリマネはなくても、広義のヘリマネならあり得る。

ヘリマネってなに?


ヘリマネの定義は一様ではないが、「政府の財政出動を中銀の紙幣発行で補う政策」との説明がイメージに一番近いかもしれない。

要するに、通常の財政出動を行いつつ、その原資を「日銀による国債の直接引き受け」によって調達することをヘリマネと呼ぶことが多い印象である。

この点、新発債のほとんどを日銀の量的・質的金融緩和政策(QQE)で購入している現状が「実質的なヘリマネ状態」という評論は当初から頻繁に見られてきた。

両者の違いを見出すならば、消費税引き上げを中止ではなく延期としているなど「財政再建の旗」を降ろしていない点だろうか。

「ヘリコプターからばらまく」というイメージに沿えば、ばらまいたお金を回収するという意思は想定されない。だからこそ満期の無い永久債発行が取り沙汰されるのである。




狭義?広義?

最も狭義のヘリマネとは、日銀が、資産を買い取ることなく日銀券を発行し続けるということ。つまりお金をたくさん印刷してばらまくといういこと。これはさすがに市場の大勢は「できない」と判断している。



では広義のヘリマネとはなにか?




1.日銀の保有国債を永久債に換え、実質的に消却し、浮いた利払い分を他の必要な政策項目に割り当てるという内容。



2.有力財源の当てが不明確なまま、政府が短期的な資金繰りとして赤字国債建設国債を増発し、
日銀がマイナス金利付き量的・質的金融緩和(QQE)を強化し、財政拡張・金融緩和強化を長期間継続すること。



3.日銀のQQEが長期化する兆しがあり、政府が大幅な赤字国債の増発に踏み切った場合、日銀が政策を維持したままでも、

事実上、ヘリマネと同じ効果が出るとの見方が市場で広がりつつある。



再三否定されているヘリマネ実際には?

再三否定されているのは
「狭義」のヘリマネに対する見解と思われるが、
市場で取り沙汰されている

「広義」のヘリマネに対する黒田総裁の発言は今のところない。



先日の選挙で大勝した安倍政権。

狭義のヘリマネではないにしても、

広義のヘリマネなど


なにかしらの動きをしてくるのは、可能性が高そうである。